Past/Index
第三百三十二夜
2003/2/26

H山係長「今日、親知らず抜くんだよ。やだなぁ。」
Mineken「大変ですね。」
H山係長「明日 喋れないから、全部よろしく。」
Mineken「ぇ。」
H山係長「抜いた歯って くれるのかな。」
Mineken「投げるんですか?」
H山係長「また生えちゃうだろ。」


第三百三十一夜
2003/2/26

Mineken「ピン子の小粒、幸楽(こーらっく)。」


第三百三十夜
2003/2/26

She「知ってる?」
Mineken「知らんなぁ・・・。知らんな 知らんな ヘイ ヘヘイ ヘヘイ 知らんなぁ!」


第三百二十九夜
2003/2/26

She「職場のパソコンに、ラリーのスクリーンセーバー入れたんだ。」
Mineken「何それ。」
She「WRCのオフィシャルサイトから落とせるの。課長が画面見て、俺のにも入れてくれって言ってた。」
Mineken「課長ってラリー好きなの?」
She「いや、別に。」
Mineken「唐揚げのスクリーンセーバー入れてあげたら?」


第三百二十八夜
2003/2/6

Mineken「今日、カバヤのサイト見たんだけど。『ジューCの想い出』とか、『こんなジューCあったらいいなぁ♪』とかあって面白かった。」
She「私、幼稚園の遠足で、ジューCのオレンジなくして凄い泣いてたよ。」
Mineken「ふーん。」
She「そしたら、あとで写真に写ってたの。足もとに落ちてて、これだー! って。」


第三百二十七夜
2002/12/30

カメラアイSheの職場付近。中華料理店の前を通る。
Mineken「あそこ行ったことある? 美味しいのかな。」
She「私は行ったことないけど、課長は美味しくないって言ってたよ。」
Mineken「課長って味にうるさいとか。」
She「ん〜・・・、唐揚げが大好き。」


第三百二十六夜
2002/12/23

カメラアイ道路工事。車線減少。
Mineken「わ、姉さん大変です。涅槃で待つ。」
She「・・・何 言ってるか分からなかった。」
Mineken「遠すぎたね。噂の刑事 涅槃で待つ。」


第三百二十五夜
2002/12/18

She「ボブ・サップね、紅白の審査員だって。(←勘違い)」
Mineken「小さいんだって??? どこが。」


第三百二十四夜
2002/11/25

カメラアイATOK14。『半ライス』と入力したい。
CRT「半裸椅子_
Mineken「んっ。」


第三百二十三夜
2002/11/9

カメラアイびっくりドンキー。店員さんは、お揃いのTシャツ。背中に『ドンキーカーニバル!』と書いてある。
Mineken「ドンニバル。」


第三百二十二夜
2002/11/6

カメラアイ職場。
Nノ宮くん「冷蔵庫のヤクルト、誰のですかね。今日が賞味期限。」
Mineken「おお、善玉菌が悪玉菌に変わろうとしている感じ? まさに今、ダークサイドに。思春期かな?」
S田さん「気が済んだ?」


第三百二十一夜
2002/11/3

カメラアイ風邪薬を飲む。
母親「そんなもんばっかり飲んでると死んじゃうからいいがね!」
Mineken「風邪ひいてるんだからいいだろ!」


第三百二十夜
2002/10/20

カメラアイレストランの待合い。オッサンと、きれいな女の子。いかにも"一泊"って荷物。さすが(?)軽井沢。
Mineken「親子じゃないよね。」
NaZuNa君「てゆうか、日本人じゃないと思うよ。日本語のうまい中国人の発音だった。」


第三百十九夜
2002/10/11

She「ボブ・サップね、ワシントン州立大卒だって。すごいね〜。ビル・ゲイツと一緒だよ。(←勘違い)」
Mineken「なるほど。それで彼は、計算されつくした緻密な戦略格闘家なワケだね。」
She「どこが。」


第三百十八夜
2002/10/4

H山係長「クルマの名前、何だっけ。エクレアだっけ。」
Mineken「エランです。」
H山係長「エクレアとプリンの あいのこだ。プリンちゃんとエクレアさんだ。」*
*アンパンマンの登場キャラ。(参考URL→http://www.ntv.co.jp/anpanman/profile/purin.html)


第三百十七夜
2002/9/28

She「料理教室の先生の息子がね、明大前で喫茶店やってるんだって。」
Mineken「そう。」
She「学生の頃、前橋公園の近くのジャズ喫茶に入りびたってたんだって。今もジャズが大好きで、店で いっぱいかけてるって。」
Mineken「ジャムが大好きで、店で いっぱいかけてる・・・? だから何。」


第三百十六夜
2002/9/16

She「あれ、どうかな。ディナーフィッシュ。」
Mineken「ディナーラッシュだって。」
She「えー? ディナーフィッシュだよぉ!」


第三百十五夜
2002/9/16

Mineken「あ、犬神家の一族。月曜かぁ。」
She「今度の月曜も休みだよ。」
Mineken「ネコが三毛。」


第三百十四夜
2002/9/16

Mineken「また 立てこもり男かよ。」
She「そうね。」
Mineken「立て! コウモリ男! とか。」
She「おいおい。」


Past/Index